【妊娠中期】妊娠6か月の赤ちゃんとママの症状

妊娠6か月の赤ちゃんの様子

妊娠6ヵ月の赤ちゃんは、20cmから30cm程のサイズに成長します。 妊娠全体期間の半分を折り返した状態で、ここからの成長は個人差がでてきます。初めての妊娠では妊娠5ヵ月半ばで胎動を感じることができるようになり、6ヶ月に入るとお腹の中でポコポコと動いている感触を頻繁に感じられるようになる人が多いようです。
胎動を感じる前のママは、お腹の中の赤ちゃんは元気なのかいつも心配だったと思いますが、6か月を超え、いつも胎動を感じられるようになると少し安心できるかもしれません。
また、このころになると人間らしい仕草を超音波検診でみられるようにもなります。3Dや4Dエコーでは口を大きくあける姿がみられるかもしれません。これは羊水を飲んでいる様子です。背骨はもちろん、腕から指先までしっかり骨がみえて、赤ちゃんに近づいていると感じられるようになるでしょう。

妊娠6か月のママの症状と変化

妊娠6ヶ月のママの体は、お腹も含めて丸みをおびてきます。胸も2カップ程大きくなるので、今まで着けていた下着だと苦しくなります。お尻、胸、お腹、全て丸くなった気がして、最初は入浴前に全身を見ると自分じゃないみたいに感じ、違和感を持つママもいるかもしれません。でも、これは赤ちゃんを迎えるための体の準備です。変化していく自分の体も愛してあげましょう。
悪阻が楽になって、体重が増えやすいのもこの時期ですが、糖分や脂質、塩分の取りすぎに気をつけて過ごすと、体重の増加を抑えられるかもしれません。あまり気にしすぎるとストレスになりますが、赤ちゃん生まれ、子供を育てることを考えると、食生活の見直しには良い機会だと考えています。
体調は、初期の頃より落ち着いてくる時期ですが、今度はお腹が張る感覚があるなど心配ごとは尽きません。そんな時は暖かい飲み物を飲み、無理せずに過ごすことをお勧めします。「仕事をしていてなかなかそんな時間が取れない」と思うママも多いと思いますが、周りの人を頼って自分とお腹の赤ちゃんを一番に考えましょう。

【送料無料】胎児超音波心音計エンジェルサウンズ JPD-100S

価格:9,072円
(2019/7/7 23:05時点)
感想(421件)

にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です