【妊娠後期】妊娠8か月の赤ちゃんとママの症状

妊娠8か月の赤ちゃんの様子

妊娠8ヶ月の赤ちゃんは、胎動が激しく毎日元気に動いているのが実感できます。安定期頃は横になったりゆっくりしている時ではないと胎動は感じられず、ポコっと蹴られているように感じることが多かったのです。8ヶ月になった今では椅子に座って仕事をしているとき、立って家事をしているときなど、赤ちゃんが動いているときは常に胎動を感じることができます。感じ方も、お腹の中でうねうね動いている感じで、お腹を見ると動いているのがはっきりわかる状態です(服の上からでも分かります)。蹴られたときはボコッという感じでびっくりしてしまうほどです。私が通院している産婦人科では毎回4Dエコーをしてもらえるのですが、8ヶ月になるとだいぶふっくらして、赤ちゃんらしい姿をみることができます。しかし、顔が手や足、へそのうで隠れてしまっていることが多いので中々しっかり顔を拝めないことが残念です・・・

妊娠8か月のママの症状と変化

妊娠8ヶ月のママの体は、すっかり妊婦さんらしいお腹のふくらみになります。ゆったりしている服を着ても、お腹のふくらみがはっきり分かります。お腹を支えるために、どうしても後ろに仰け反るような姿勢になってしまうため腰が痛くなることもあります。家事なので、立っている時間が長くなるときは骨盤ベルトをして腰痛予防をしています。お腹の重さで胃などが圧迫されるため、仰向けで寝ると苦しく横向きの姿勢で寝ています。たまに、胃もたれの様な胃のむかつきや喉がつまっているような不快感がありなかなか寝付けないこともあります。まだ仕事をしており、デスクワークですがずっと同じ姿勢でいると腰が痛くなるため定期的にストレッチをしています。また膀胱も圧迫されるためトイレが近く、2時間おきにはトイレにいっている状態です。やはり安定期をすぎるとマイナートラブルが増えて、疲れやすくなりますね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です