在宅ワーク、リモートワークで本当に良かった

1歳4ヶ月の娘が手足口病になりました。

熱が出ない子もいるみたいですが、娘は熱が出るタイプだったらしく、なかなかの高熱。もちろん保育園もお休みです。

先週も体調を崩して2日休み、今週も月火が法事だったためお休み。さぁ、ようやく保育園行けるぞ!と思った矢先の発症でした。

私はいわゆるフリーランスなので、会社を休むストレスはありませんが、やはり仕事が思うように進まないザラっとした感情は芽生えます。

それでも、高熱で苦しむ娘の側についてやることができて本当に良かったと思っています。これも、フリーランスとして在宅で仕事ができているからだと思いました。

フル在宅orフルリモートワークの企業は極わずか

こんなにもインターネットやSNSが発達した世界にも関わらず、フルで在宅やリモートで働ける会社は多くありません。

ごくごく最近の話ですが、会社に勤めていたほうが社会保険の面ではかなり有利だと考え、業界最大手の転職エージェントに登録していました。私の希望を伝えると、相談当初から「その条件は難しい」「条件を変えないと仕事はない」と言われたのです。愕然としました。業界最大手のエージェントでこれでは、条件に合う仕事は取り合いです。

フルリモートで働ける会社を作りたい

私はいま、働くママ&パパが在宅で働ける会社を作りたいと考えています。週1のみ在宅とかではなく基本在宅、そして、フルフレックスが理想。
在宅でも会社に所属して、一定の時間働いていれば、保育園の申請はもちろんできます(私で実証済み)。
在宅であれば、突然の呼び出しにもストレスはないし、休憩時に家事もできる最高の環境だと考えています。

ただ、難しいのは性善説で働ける人がどれだけ居るかということ。私は、基本人間は性悪説で成り立っていると思ってるので、もしそんな会社を設立するとしたらそのリスクを負いにいかなければなりません。
慈善事業じゃないので、稼がなければ意味がありません。そうなると、採用はシビアにならざるをえくなっています。

そんなことを考えていると理想は果たせないんじゃないかと愕然としてしまいますが、とりあえずまずは稼ぐ方法を考えねば、というところです。

在宅ワーク、リモートワークが当たり前の世界になる日まで頑張ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です