生後3か月の赤ちゃんの生活リズムと気を付けること

生後3か月の赤ちゃんの生活リズム

生後3か月の赤ちゃんは、首がすわり始める時期です。
首がしっかりしてくると縦に抱っこをしても体がグラグラ揺れなくなるので抱っこがとても楽になります。
お風呂に入れる時や着替えをするときなども楽になる時期です。赤ちゃんに不慣れなおじいちゃん達もこの頃になると楽に抱っこができるので、親としても安心してお願いすることができます。育児が楽になるチャンスですので、どんどんまかせてしまいましょう!
またうつぶせにすると、首を持ち上げようとするのがとてもかわいらしい姿です。
かわいい姿を見たくて、ついついうつぶせにしてしまいがちになりますが、夜寝るときやお昼寝の時など長時間寝る時には気をつけてください。うつぶせで寝ることで、無呼吸発作を起こしてまい、乳幼児突然死症候群(SIDS)を発生してしまう可能性があります。

生後3か月の赤ちゃんとの生活で気を付けること

生後3か月の赤ちゃんは予防接種が始まる時期ですので、早めに予防接種のスケジュールをたてておくととても安心です。
慣れない育児でいそがしい日々を過ごしていると、予防接種のことをつい忘れてしまうことがあります。
自治体によって無料で接種できる時期が決まっていたり、集団接種も日にちが決まっていたりします。
予防接種を受けた際には、接種と接種の間に一定の期間をあけなければなりません。この期間は予防接種の種類によって異なります。また、体調が悪いと接種できません。秋から春にかけて、風邪やインフルエンザなどが流行る時期には期間に余裕を持ったスケジュールが大切になります。
困った時や悩んだ時はかかりつけのお医者さんに相談すると、無理のないスケジュールを教えてくれると思いますので一度相談してみると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です