生後4か月の赤ちゃんの生活リズムと気を付けること

生後4か月の赤ちゃんの生活リズム

生後4ヶ月の赤ちゃんは、首が座り、手足をばたばたせて寝てばかりの生活から動き始める頃です。腰もしっかりしてくる時期なので、動きが増えてきます。縦抱きも安定してきます。目も見えているのか、目で追い始めます。目に映るものが新鮮なのかじーっと見ていることが増えます。自分の手や、まわりの景色など真剣に見て脳に取り込んでいるのでしょう。まわりの人の顔もじーっと見つめて誰なのか認識し始めているのでしょうか。お父さんやお母さんの顔を覚えているのかもしれません。にこにこと笑い、表情も豊かになってきてとても可愛い時期だと思います。こちょこちょしたり、名前を呼んであげるとにこーっと可愛い笑顔を見せてくれるのでたまりません。また、あーあーと声にだしてお話もしてくれます。口の動きを一生懸命見て、真似しようとしている仕草も見てとれます。

生後4か月の赤ちゃんとの生活で気を付けること

生後4ヶ月の赤ちゃんは、ばたばたと手足を動かしたり指で物を掴んだりします。顔のまわりによだれ拭き用にタオルなど置いておくといつの間にか自分で顔にかけたりしています。また、寝返りをうち始めるので、ぱっと目を離すと、ころんとひっくり返っていることもあります。スマホなどに夢中になっているうちに窒息…なんてことにならないように目を離さないようにしないといけないので気を抜けません。昨日はできてなかったことが今日はできているということがあるので、赤ちゃんの成長は早くてすごいなと感心します。ばたばたと足を動かすのでオムツのズレが激しくなってくるかもしれないので小まめに見ておかないとうんち漏れなどに悩まされます。よく動く赤ちゃんはオムツのズレが激しくなる傾向にあるため、早めにパンツタイプのオムツに変えるママもいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です