【シリーズ】妊娠中の在宅ワーク初心者の悩み①:在宅ワークはすぐに見つかるの?決める条件は3つだけ

以前、在宅ワークの準備について記載しました。在宅ワークを始めるきっかけの中でも、妊娠・出産・子育てがきっかけになる方が多いのですが、同時にいろいろな不安があり二の足を踏んでしまう方も同様に多いようです。

そこで、実際に在宅ワークをしたいと考えている方から「不安に思っていること」「その不安を解消するために知りたいこと」を記述式アンケートでご回答いた抱いたので、 今回の記事からはその不安を少しずつ解消できるような内容を連載形式で記事にしていこうと思います。

ここまで読んで「不安はないわ。準備のことだけ知りたい」と思う方は以下の記事をぜひご覧になってくださいね。

在宅ワーク初心者は仕事がすぐに見つかるのか不安

妊娠を機に在宅ワーク探しを始めた在宅ワーク初心者の方で一番多かった不安は「すぐに仕事が見つかるのか」ということでした。

確かに、仕事をしながらだと在宅ワークを探すのは難しいですよね。残業が合ったり、家事が合ったりと結婚すると何かと忙しくなる上に、妊娠して体調も精神も不安定になる時期です。悲観的になることもしばしばあるし、実際今働いていると同様の収入を求めてしまいがちです。初めての妊娠出産であればなおのこと、出産後の自分の姿が想像できず、気持ちが焦るばかりで早く仕事を見つけたい!と思うのは当然のことです。

在宅ワーク初心者は自分の中の3条件を決めるべし

そこで、新しく在宅ワークを探す方に自分の中での条件として以下を決めておくと自分に合った在宅ワークを見つける手助けになるかもしれません。

  • 自分が得意なこと、やりたいことを明確にしておく
  • どれくらいの時間が取れそうかシミュレーションしてみる
  • どれくらい稼ぎたいかを算出しておく

在宅ワークといえど、新しい仕事を探す点では【転職】と同じです。転職活動をする時はふわっと始めたりはしないですよね。もちろん、ふわっと始めても始められるのが在宅ワークの良い点ですが、アンケートの回答者様は恐らく今働いていて、それに近い収入を想定していらっしゃるのだと思います。

その場合、以前在宅ワークの種類でご紹介したクラウドソーシングでお仕事を探すなら、【タスク】形式の仕事ではなく【プロジェクト】形式の仕事を受注することが想定している働き方への近道だと思います。その【プロジェクト】形式の仕事を探す上で先に挙げた3点はとても心強い手助けになると思います。

在宅ワーク初心者はプロジェクト形式の仕事は見つかるまで時間がかかる

プロジェクト形式の仕事は、きちんとクライアントと契約を結び仕事をいただきます。そのため、簡単に仕事が始められるわけではなく、基本的にはテストや面接を経て実際に契約となります。全てweb上で完結する場合が多く、どこかに出向く必要はありませんが、逆に、直接会ったり話したりできるわけではないので、自分の中での条件が決まっていないと気持ちが揺らいだり、このまま契約してもいいのか不安に思ったりして契約に至らない場合もあります。

そのため、先に挙げた3点を事前に自分の中で準備しておくことで、仕事選びも、テストや面接もスムーズにいくことが多いのです。

妊娠中に在宅ワーク初心者の私が仕事を見つけた実例

実際、私の場合は書くことが得意だったので、妊娠中は記事のライティングに絞って仕事をさがしました。3点の条件は以下のように決めていました。

  • 文章を書くのが好きなので、文章にかかわる仕事がしたい
  • 妊娠中は体調がすぐれないことも多く、集中できないことが多いため、自分の気持ちが乗った時だけ仕事をしたい・ノルマがない仕事がしたい
  • 月に3~5万くらいは欲しい

いくら稼ぎたいかの点について、少し少ないと感じた方もいらっしゃると思いますが、とにかく【ノルマがなく好きな時間に仕事がしたい】ということが最優先だったので、稼ぎについては上記した金額でかんがえました。

この条件で調べてみると、意外や意外。数多く仕事を募集しているではありませんか。仕事のジャンルがライティングだったのもあると思いますが、結構な数のライティングの求人がありました。その中でも私は旅行が好きなので、旅行系の記事を書けるクライアントさんの求人に応募しました。

応募後の流れは以下の通りです。ちなみに、私がメインで利用しているのはクラウドワークスでした。

クラウドワークス
  1. 応募
  2. クライアントからマニュアルとテスト記事作成の連絡が来る(応募当日)
  3. マニュアルを確認しテスト記事の作成(期日は連絡日から10日)
  4. テスト記事提出(応募から5日目)
  5. クライアントから修正依頼(テスト記事提出から2日目)
  6. 修正提出(応募から7日目)
  7. 合否結果連絡。【合格】(修正提出の翌日)

これを見ていただくと、実際に「やってみたい」と思う仕事に応募してから8日かかっていることがわかります。それでも、これは早い方で、選考に2週間かかるクライアントさんもいらっしゃいました。この時は合格でしたが、もちろんほかの仕事に応募して不合格になることもありました。

このようにプロジェクト形式のお仕事を受注しようとすると、採用までにもそれなりにじかんがかかるので、先に挙げた自分の中で決めておきたい3条件

  • 自分が得意なこと、やりたいことを明確にしておく
  • どれくらいの時間が取れそうかシミュレーションしてみる
  • どれくらい稼ぎたいかを算出しておく

これらをしっかり決めて在宅ワークを検索することをお勧めします。

妊娠中に在宅ワークを見つける際のメリット

と、ここまで割とシビアなことを書き連ねてしまい、さらに不安を煽ってしまったかもしれませんが、もちろん在宅ワークを探すときにもメリットはたくさんあります。

  • 全てweb上で完結すること
  • 家で仕事をじっくり探せること
  • 応募までのハードルが低いこと(履歴書はほとんどの場合不要)
  • ノルマ無しの仕事も相当数ある
  • 同時並行で複数応募しても問題なし

このように、求人検索・応募に関して負担がかなり少ないのです。思い立った時に探せるし、応募する時もボタン一つで完了です。テストや面接は端折ることはなかなかできませんが、それでも、スーツを着たり、面接会場に行ったりしなくてもいいことは妊娠中の女性にはそれだけでも大きなメリットだと感じています。

在宅ワーク初心者はすぐに仕事が見つけられるわけではない

今まで記載してきた通り、クラウドソーシングを利用した在宅ワーク探しは、すぐに仕事が決まるわけではありません。しかし、自分の中での条件やメリットと照らし合わせて、気になる求人には応募してみることは、きっと皆さんのプラスになると思います。

産休育休中、出産に伴う退職などで収入が減ることに対して不安を感じている女性は多くいると思います。私もそうでした。でも、焦らずに自分の目指す働き方をイメージしておけば、きっと理想のクライアントに出会えることでしょう。


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です