【シリーズ】妊娠中の在宅ワーク初心者の悩み②:妊娠中の不測の体調不良が心配

在宅ワークを受注できたとしても、不測の体調不良があるから心配

アンケートの中で一番多かったのは「期日を守れないかもしれない」という不安でした。 実際にいただいたアンケートの回答がこちら。

受注してから、予定外につわりが酷くなったり、予定日より早く産まれる事になって納品予定日に間に合わなくなりそうになったら心配です。妊娠中はタスク作業など気軽にできるものだけにした方が良いのは分かりますがあまり稼げないので悩みます。
迷惑をかけるのは良くないと思いますが、納品日を相談して遅らせることができるか知りたいです。また、その場合は納品後に提示した金額がしっかり貰えるのか、評価がどうなるのかが知りたいです。どうしても納品できない場合も交渉できるのかが知りたいです。 (女性 パパシュ様)

確かに、妊娠中は悪阻やめまいなど、不測の体調不良の連続です。ホルモンバランスが崩れに崩れるので、理由は無くてもやる気が出ないとか急に悲しくなったり、自分に自信がなくなったり。仕事に責任を持ちたいけど、それができなかった時もっと落ち込んでしまいそうと不安になりますよね。そこで今回はクライアント目線でのお話をしていきたいと思います。

在宅ワークのクライアントは期日を守れないワーカーに慣れている

私はこのサイト以外の旅行サイトも運営していますが、そちらで更新する記事のライティングについてはほぼ100%クラウドソーシングでの発注です。その中で感じているのは、期日を守れないワーカーさんは山ほどいるということ。
テストライティングでバックレ、フェードアウトetc…
もちろんきっちり仕事をするワーカーさんもいらっしゃいますが、それぞれ様々な生活背景を持たれているので、十人十色です。それを承知でクラウドソーシングサービスを利用してお仕事を発注しているわけですから、会社や契約状態によって差はあると思いますが、大した問題ではない(と私は思っている)のです。

在宅ワークで重要なのは報・連・相

ただ、お仕事の契約をしている以上、最低限守っていただきたい点があります。それは報告・連絡・相談です。
先ほどお話した通り、期日が守れないこと、それ自体については大した問題だとは思っていません。ただし、問題なのは「無断で期日を延長する」ということなのです。体調が悪くなったり、思うように進捗できなかったり、だらだらした買ったりと、種々理由はあると思います。体調不良については連絡しやすいかもしれませんが、中には連絡しづらい理由もありますよね。でもそこはぐっとこらえてきちんと報告をしてください。そうすれば、意外にすんなりと期日を延長してくれると思います。

在宅ワークで連絡しなかった時のデメリット

なぜ、会社でもないのにこんなに報・連・相についてお伝えする理由をお教えしましょう。それは、クラウドソーシングサービスがネット上だけの契約だからです。 クラウドソーシングサービスには必ず評「評価」が付随します。ネット上だけの契約なので、この評価が仕事を獲得する際にかなり重要なポイントです。報・連・相もないまま期間を勝手に延長されてしまうと、一気にクライアントからの不信感が募ってしまい、その不信感が形になって「悪い評価」として表れてしまうと、その後新しく仕事を受注したいと思ったときに悪い評価に足を引っ張られてしまうかもしれません。

妊娠中の在宅ワークで一番大切なのは体

お腹に赤ちゃんを宿している体以上に大切なものはありません。体調が悪い時や仕事ができないときは遠慮なくクライアントに連絡するようにしましょう。採用時点で妊娠がわかっている場合は、最初に妊娠していることや悪阻があるかもしれないことを伝えておくのもいいかもしれませんね。
お仕事の内容によるので一概には言えませんが、先ほどお伝えした通り以外にクライアントさんも理解してくれると思います。あまり肩ひじ張らずに、「いいな」と思ったお仕事にはどんどん申し込んでみてくださいね☆


SOHO・在宅ワークランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です